前へ
次へ

肝斑治療をして肌をきれいにするのもおすすめ

肝斑で悩んでいる人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そもそも肝斑とは、額や頬などに左右対称に広がるシミのことです。
通常はまぶたには出来ないので、下まぶたの部分が白くなり、まるで眼鏡をかけているかのように見えがちです。
20代の後半から40代の女性に多くみられる症状で、肝斑という名前の由来は色が肝臓の色に似ているからであり、肝機能などとはまったく関係はありません。
肝斑が発症する原因は人によってさまざまではありますが、根本的な原因がわからないので肝斑治療は難しいとまで言われているのが事実です。
女性ホルモンが大きく関わっていることも考えられるので、ホルモンジミだと呼ばれることもあります。
紫外線が原因だと考えられるのはもちろん、妊娠や皮膚のこすり過ぎなどによって肌のバリア機能の壊れることや、睡眠不足やストレスなども原因として考えられています。
肝斑で悩んでいるなら病院などで肝斑治療をするのも良いのではないでしょうか。

Page Top