前へ
次へ

肝斑治療は医師に相談をしてみよう

肝斑治療の方法としては、一般的には高出力によるシミ取りのレーザーはあまり有効だとは言えません。
レーザーを照射したのであればその刺激によって、余計に肝斑を濃くしてしまう可能性もあるからです。
これまでに行われてきた肝斑治療としては、トラネキサム酸成分が有効だとされてきたのが事実です。
しかしながら、濃度を薄くするということはできたとしても、内服療法だけではなかなか肝斑そのものが消えるということは非常に少なくて、効果が出るのも非常にゆっくりなので、治療の途中で挫折する人がたくさんいるのがデメリットでした。
トラネキサム酸は、体内のメラニンの生成をあらかじめしっかりと抑えてくれるという成分なので、肝斑を薄くするのを防ぐという効果はあったとしても、できた色素を排出してくれる効果はありません。
自分自身にもっとも合っている肝斑治療を行いたいのであれば、まずはクリニックなどに行って医師に相談をしてみると良いのではないでしょうか。

Page Top